« 山森丈範: シェルスクリプト基本リファレンス #!/bin/shで、ここまでできる (WEB+DB PRESS plus) | トップページ | 吾妻ひでお: 失踪日記2 アル中病棟 »

ブルース・ブリン: 入門UNIXシェルプログラミング―シェルの基礎から学ぶUNIXの世界

シェルスクリプトを書くならばこの本は絶対に外せない、と聞いて購入。
434ページで重い本なので、持ち歩くのはちょっと大変。

内容は結構固い感じだが、文章自体は読みやすいのでそんなに身構える必要は無い。内容も基本的なところを一つ一つ、ピシリピシリと押さえていく感じで、読んでいると知識が身についている感がとても強くて飽きずに読み終えることが出来た。
古典的名著のため、ちょっと今となっては記述が古い部分も多少見受けられるが、/bin/sh ってそうそう変わるもんじゃないので今でも十分役に立つ。本格的にシェルスクリプトをやりたい人は必読。(☆☆☆☆☆)

|

« 山森丈範: シェルスクリプト基本リファレンス #!/bin/shで、ここまでできる (WEB+DB PRESS plus) | トップページ | 吾妻ひでお: 失踪日記2 アル中病棟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山森丈範: シェルスクリプト基本リファレンス #!/bin/shで、ここまでできる (WEB+DB PRESS plus) | トップページ | 吾妻ひでお: 失踪日記2 アル中病棟 »