« 石ノ森章太郎: 章説 トキワ荘の春 (石ノ森章太郎生誕70年叢書シリーズ) | トップページ | 大竹三郎: 磁石とモーター (実験はかせの理科の目・科学の芽) »

伊藤尚未: よくわかる 電気のしくみ: 電気ってなんだ? その正体・発電・利用方法を知ろう

電気とはなにか、様々な実験を通して知るための本。
子ども向けだけど、内容は細かいところまで丁寧に書かれており大人でもそれなりに読み応えがある。豆電球は2.5V定格だけど乾電池2本の3Vで何故いいのか……なんて、普通はわざわざ書かないよね。

現代風に、豆電球だけでなくLEDについても多くのページが割かれている。写真も見やすく分かりやすかった(☆☆☆☆)。

|

« 石ノ森章太郎: 章説 トキワ荘の春 (石ノ森章太郎生誕70年叢書シリーズ) | トップページ | 大竹三郎: 磁石とモーター (実験はかせの理科の目・科学の芽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石ノ森章太郎: 章説 トキワ荘の春 (石ノ森章太郎生誕70年叢書シリーズ) | トップページ | 大竹三郎: 磁石とモーター (実験はかせの理科の目・科学の芽) »