« 小学館の図鑑 NEO 野菜と果物 | トップページ | 沼澤茂美: ミクロ探検隊 顕微鏡入門 »

矢野興一: 観察する目が変わる植物学入門 (BERET SCIENCE)

植物形態学の基礎の本を探していて、こちらを図書館で発掘した。

植物の作りを、根・茎・葉とそれぞれの構造からきちっと説明してくださる。どうも最近は植物学といってもすぐに細胞だ遺伝子だDNAだと走る流れが多いのだが、この本はきちんと形態の説明をイチからしてくださり大変助かった。
その辺りの分野って最近の生物学の範疇からは若干ズレているみたいで(分類学?)、なかなか参考になる本が無いんだよね。

ただ、図鑑的な使い方をするにはちとツラいかな。まずは基礎を身につけたい人にはおすすめの一冊。(☆☆☆☆)

|

« 小学館の図鑑 NEO 野菜と果物 | トップページ | 沼澤茂美: ミクロ探検隊 顕微鏡入門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小学館の図鑑 NEO 野菜と果物 | トップページ | 沼澤茂美: ミクロ探検隊 顕微鏡入門 »