« 高野潤: カラー版 大地と人を撮る―アンデスを歩きつづけて (岩波ジュニア新書) | トップページ | あきみち, 空閑洋平: インターネットのカタチ―もろさが織り成す粘り強い世界― »

川北稔: 砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)

砂糖を軸とした世界史。
「へー、砂糖の歴史か面白そー」と無邪気な感じで読み始めてみたが、砂糖製造の歴史はそのまま奴隷制度の歴史。いかに奴隷労働と砂糖が切っても切れない関係であったか……がよく分かってちょっと暗い気持ちになってしまった。
しかし決して薄暗いだけの本ではなく、イギリスと紅茶と砂糖、チョコレートとの絡みなど知りたかった点も色々教えてくれた。なかなか面白い一冊でした(☆☆☆☆)

|

« 高野潤: カラー版 大地と人を撮る―アンデスを歩きつづけて (岩波ジュニア新書) | トップページ | あきみち, 空閑洋平: インターネットのカタチ―もろさが織り成す粘り強い世界― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高野潤: カラー版 大地と人を撮る―アンデスを歩きつづけて (岩波ジュニア新書) | トップページ | あきみち, 空閑洋平: インターネットのカタチ―もろさが織り成す粘り強い世界― »