« 手塚治虫「戦争漫画」傑作選 (祥伝社新書) | トップページ | 飯沢耕太郎: 日本写真史を歩く (ちくま学芸文庫) »

ユクスキュル/クリサート: 生物から見た世界 (岩波文庫)

ちょっと小難しいけど、なかなか面白かった。「環世界」というものを導入し、動物がどのように世界を捉えているかを考える本。
カタツムリにとっては、振動する棒は1秒に4回までは「静止している」というくだりはフルえた。

いささか古典すぎるきらいはあるけど、新しい視点が増えた本でした(☆☆☆☆)。

|

« 手塚治虫「戦争漫画」傑作選 (祥伝社新書) | トップページ | 飯沢耕太郎: 日本写真史を歩く (ちくま学芸文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手塚治虫「戦争漫画」傑作選 (祥伝社新書) | トップページ | 飯沢耕太郎: 日本写真史を歩く (ちくま学芸文庫) »