« ミヒャエル・エンデ: 遺産相続ゲーム―地獄の喜劇 (同時代ライブラリー) | トップページ | 綿矢りさ: 蹴りたい背中 »

フィリップ・ボール: かたち: 自然が創り出す美しいパターン

自然が織りなすさまざまな形、美しいパターンについて。蜂の巣の六角形、BZ反応、チューリングの縞模様、葉の付き方とフィボナッチ数列、などなど。
色々なパターンが例示されていて、知らないことも多かったので楽しめたけど、なかなか硬派で固めの本で気軽にパラパラめくるにはちょっと荷が重い(数式などは一切出てこないけど)。続きのシリーズものとして、「流れ: 自然が創り出す美しいパターン」「枝分かれ: 自然が創り出す美しいパターン」もあるそうです。(☆☆☆☆)

目次:
1 ものの形 パターンと形態
2 ハチの巣の教訓 泡で築く
3 波を起こす 試験管の中の縞模様
4 体に書かれたもの 隠れる、警告する、擬態する
5 野生のリズム 結晶化する「群れ」
6 庭の草花はどう育つか ヒナギクの数学
7 胚を展開する ボディー・プランの形成

|

« ミヒャエル・エンデ: 遺産相続ゲーム―地獄の喜劇 (同時代ライブラリー) | トップページ | 綿矢りさ: 蹴りたい背中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミヒャエル・エンデ: 遺産相続ゲーム―地獄の喜劇 (同時代ライブラリー) | トップページ | 綿矢りさ: 蹴りたい背中 »