« 河合雅雄: ふしぎの博物誌―動物・植物・地学の32話 (中公新書) | トップページ | 吉野正敏: 風の博物誌 »

クリックとワトソン―生命の宇宙への船出

DNAの2重らせん構造を提唱したワトソンとクリック、その2人の伝記。
ちょっと記述が淡々としすぎな感はあるけど、当時最先端のX線回折像を使ってDNAの謎に迫ったこと、二人の性格、などはじめて知ったことが多かった。読みやすい一冊でした。(☆☆☆☆)

|

« 河合雅雄: ふしぎの博物誌―動物・植物・地学の32話 (中公新書) | トップページ | 吉野正敏: 風の博物誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河合雅雄: ふしぎの博物誌―動物・植物・地学の32話 (中公新書) | トップページ | 吉野正敏: 風の博物誌 »