« 実験太朗, 立花美月: 研究者マンガ「ハカセといふ生物(いきもの)」 | トップページ | 安野モヨコ: ベイビーG »

西村ツチカ作品集なかよし団の冒険 (リュウコミックス)

どこかでオススメされていたので入手。かなりゴッタ煮な感じの短編集で、これを全部同じ作者が描いているとはビックリ。一応、共通のテーマとして根底に「オンナのココロ」みたいのがあるのかなー。

*おんがえしの夜
男子大学生の元にやってきた、子犬とジョロウグモの恩返し。
*君はヒラリ
小学生にしか見えない38歳の女の子。
*窓
詩人を目指す26歳のヒキコモリ。
*ヒロジが泣いても笑っても (abridged)
うわー、これはスゴい。可愛い、けどその可愛さを演じ続けないといけない中学生の女の子「ヒロジ」を描いたもの。全編、切り絵のようなすさまじい線が魅力的。可愛い、けど恐ろしさを感じる作品。
*チカちゃんの発明館
これもいいなー。発明少女とその友達、そしてロリコン男子大学生のねじくれたお話。チカちゃんの「16-BIT」Tシャツはたまらん。
*ピューリッツァ賞
うわー、なんという後味悪い作品。イジメに遭う少年と、それをビデオ撮影する女の子。
*黒岩さん
オヤジマンガ。

どれも骨太で、面白い作品でした。なかなかスゴいものを読んでしまった!(☆☆☆☆☆)

|

« 実験太朗, 立花美月: 研究者マンガ「ハカセといふ生物(いきもの)」 | トップページ | 安野モヨコ: ベイビーG »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実験太朗, 立花美月: 研究者マンガ「ハカセといふ生物(いきもの)」 | トップページ | 安野モヨコ: ベイビーG »