« 東海林さだお: 平成サラリーマン専科―ニョーボもマキコも丸かじり | トップページ | 筒井康隆: 小説のゆくえ »

舞城王太郎: 世界は密室でできている。 (講談社文庫)

密室ミステリがぎゅっと詰まった一冊。
うーん、青春小説とも言える……のか? 親友「ルンババ」の姉の飛び降りから始まり、密室殺人ばかり怒濤の勢い。しかし相当の密室ミステリ好きでもないと、ちょっとついていけないなあ。
万人にオススメとはとても言い難い。私もあまり楽しめませんでした。(☆☆☆)

|

« 東海林さだお: 平成サラリーマン専科―ニョーボもマキコも丸かじり | トップページ | 筒井康隆: 小説のゆくえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海林さだお: 平成サラリーマン専科―ニョーボもマキコも丸かじり | トップページ | 筒井康隆: 小説のゆくえ »