« 村上春樹 雑文集 | トップページ | こうの史代: ぴっぴら帳(ノート) »

青野春秋: 俺はまだ本気出してないだけ 5

感動の最終巻。友人のパン屋・宮田は絶望し自殺未遂、シズオはその宮田を描いた「パンを焼く」でデビューなるか。
最後どうなるのかと思っていたけど、静かな感動物語になっていてちょっとびっくり。中年男性のモヤモヤ感と、親と子の絆を描いた名作だった。ただ、鈴子がなんぼなんでも聞き分け良すぎな子かな……。しかし、文句なしにオススメの作品でした。(☆☆☆☆☆)

|

« 村上春樹 雑文集 | トップページ | こうの史代: ぴっぴら帳(ノート) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 村上春樹 雑文集 | トップページ | こうの史代: ぴっぴら帳(ノート) »