« 町田康: へらへらぼっちゃん (講談社文庫) | トップページ | 筒井康隆: 家族場面 (新潮文庫) »

田山花袋: 東京の三十年 (岩波文庫)

田山花袋が語る、明治・大正時代の東京の街、そして交友録。
都電に乗ったり歩いたりして東京のあちこちに出かける、お目当ての洋書を苦労して手に入れる、文壇での交友を赤裸々に描く、「蒲団」を書いたいきさつなどなど。

国木田独歩との執筆旅行「KとT」も興味深かった。当時の歴史資料としても、文芸作品としても、おすすめ。(☆☆☆☆)

|

« 町田康: へらへらぼっちゃん (講談社文庫) | トップページ | 筒井康隆: 家族場面 (新潮文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 町田康: へらへらぼっちゃん (講談社文庫) | トップページ | 筒井康隆: 家族場面 (新潮文庫) »