« 守屋洋: 日本語力がつく漢詩一〇〇篇―李白・杜甫から乃木希典まで | トップページ | 田山花袋: 東京の三十年 (岩波文庫) »

町田康: へらへらぼっちゃん (講談社文庫)

エッセイ・書評やらいろいろゴッタ煮。作者のなんというか時代劇を見ながら酒を飲んで一日過ごすダ メダ メっぷりが全開でステキ。
しかしマトモな読み物を期待すると危ない。なかなか面白かったです。はは。

|

« 守屋洋: 日本語力がつく漢詩一〇〇篇―李白・杜甫から乃木希典まで | トップページ | 田山花袋: 東京の三十年 (岩波文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 守屋洋: 日本語力がつく漢詩一〇〇篇―李白・杜甫から乃木希典まで | トップページ | 田山花袋: 東京の三十年 (岩波文庫) »