« アーサー・C. クラーク: 神の鉄槌 (ハヤカワ文庫SF) | トップページ | 岡崎京子: エンド・オブ・ザ・ワールド »

中場利一: 岸和田少年愚連隊 (講談社文庫)

岸和田で生まれ育った少年の、ケンカ・ケンカ・ケンカ人生を描いた青春(?)小説。
こういう系にありがちな変なイヤらしさが無く、なかなか楽しく読めた。血みどろな生活の日々、しかしどこかあっけらかんとした底抜けの明るさが良い。(☆☆☆☆)

|

« アーサー・C. クラーク: 神の鉄槌 (ハヤカワ文庫SF) | トップページ | 岡崎京子: エンド・オブ・ザ・ワールド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーサー・C. クラーク: 神の鉄槌 (ハヤカワ文庫SF) | トップページ | 岡崎京子: エンド・オブ・ザ・ワールド »