« 山村紳一郎: 顕微鏡で見る ミクロの世界 | トップページ | アーサー C. クラーク: 幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫) »

椎名誠: 街角で笑う犬

椎名誠の写真エッセイ集。この本は静かでやさしい雰囲気が素晴らしく、なかなかお気に入りになった。

背中に袋を背負ったアイザーのじっつぁま、隅田川を下りながら見るビル、波照間の大きな空と海、テトラポッドの前で泳ぎを教えるお母さん、幕張の遠浅の海、どんと焼きの朝。
どの写真もモノクロで力強く、しかしどこか寂しげ。良い写真集でした。(☆☆☆☆☆)

|

« 山村紳一郎: 顕微鏡で見る ミクロの世界 | トップページ | アーサー C. クラーク: 幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山村紳一郎: 顕微鏡で見る ミクロの世界 | トップページ | アーサー C. クラーク: 幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫) »