« べつやくれい: ばかスイーツ | トップページ | 小森裕介: プロになるためのWeb技術入門 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか »

長嶋有: タンノイのエジンバラ (文春文庫)

短編作品集。
隣人の女児を突然預かる無職ひきこもり男「タンノイのエジンバラ」、父親の愛人と遺産めぐり「夜のあぐら」、姉と妻とのスペイン旅行「バルセロナの印象」、元ピアノ講師で現在パチンコ屋店員の「三十歳」。

現代の家族を巡る物語を、ひたすらに淡々と静かに描く筆致。
題名の「タンノイのエジンバラ」は正直ちょっと気持ち悪かったけど、まぁ普通に面白かった。(☆☆☆)

|

« べつやくれい: ばかスイーツ | トップページ | 小森裕介: プロになるためのWeb技術入門 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« べつやくれい: ばかスイーツ | トップページ | 小森裕介: プロになるためのWeb技術入門 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか »