« 植田正治: 私の写真作法 | トップページ | 益田ミリ: OLはえらい (文春文庫PLUS) »

夏目漱石: それから (新潮文庫)

今さらになって読んだ、そして大衝撃。30歳無職が日々を過ごす、高等遊民すなわちニートの物語。
今から100年以上も前に、ニート小説がここまで完璧に成立しているとは……やはり漱石先生は大天才だったんだなぁ。というベタ褒めしかできない。
現代風ライトノベル風にリライトされればかなりヒットすると思うな。誰が書くかが問題だが……。

主人公の代助は、親のカネで働きもしない・大学へ行くでもない・物を書くのでもないというまさにニート。「何故働かない」と問われて、「僕が悪いんじゃない、世の中が悪いんだ」という大演説シーンはまさに必読。こいつ、ダメだ。

しかし物語も後半、こともあろうに親友の妻に手を出して友の信頼を失う。人妻へ秘めた思いを伝えるシーンは、前半のいささかコミカルな雰囲気から一転、漱石先生の筆力がここぞとばかりに発揮され純粋恋愛小説だ。
結果、親からは勘当されて生活に困る。「職業」を探さないといけない、これを思うと不安になり世界が真っ赤に。はっきり書かれてはいないが発狂……。

いやー、からかうわけでなく、これはニートの鏡だよ。三千代を求めて、自宅にストーカーまがいのことをする辺りもポイント高い。本当に素晴らしい小説でした。超おすすめ。(☆☆☆☆☆)


|

« 植田正治: 私の写真作法 | トップページ | 益田ミリ: OLはえらい (文春文庫PLUS) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植田正治: 私の写真作法 | トップページ | 益田ミリ: OLはえらい (文春文庫PLUS) »