« 東村アキコ: 海月姫(8) (講談社コミックスキス) | トップページ | 東京人増刊 新宿区を楽しむ本 2010年 02月号 »

佐藤秀明: アザラシは食べ物の王様―「ママット!」北極の食卓 (青春文庫)

写真家の筆者が、北極をのしのし歩き回って目にした・口にした食べ物の四方山話。堅苦しくなく、気軽に読める。
うーん、あの寒さの中で食べるアザラシは、本当に美味しいものなんだろうなあ。北極岩魚(チャー)も美味しそう。

イヌイットと酒と自殺についても興味深い。イヌイットは、自殺率が世界一なんだそうだ。
そしてイヌイットは元来アルコールにとても弱い体なのに(極寒の地なのでそもそも酒が造れず、酒を飲んだことが無い民族だった)、ヨーロッパ文明の酒が持ち込まれたことが一大社会問題となっているらしい。色々と興味深い一冊でした。(☆☆☆☆)

|

« 東村アキコ: 海月姫(8) (講談社コミックスキス) | トップページ | 東京人増刊 新宿区を楽しむ本 2010年 02月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東村アキコ: 海月姫(8) (講談社コミックスキス) | トップページ | 東京人増刊 新宿区を楽しむ本 2010年 02月号 »