« 中条省平: 小説家になる!―芥川賞・直木賞だって狙える12講 (ちくま文庫) | トップページ | 押切蓮介: ピコピコ少年TURBO »

小林祥次郎: くいもの 食の語源と博物誌

タイトル通り、食べ物の色々な語源を紹介する。

著者の筆の向くままという感じで、各項目の記述はかなりバラ付きがある。「〜〜だろうか」で唐突に終わるものも多く、学術的な本というよりはエッセイという感じ。
しかしそれが逆に、気軽にパラパラと読める本になっていて良かった。なかなか面白い一冊でしたな。(☆☆☆☆)

|

« 中条省平: 小説家になる!―芥川賞・直木賞だって狙える12講 (ちくま文庫) | トップページ | 押切蓮介: ピコピコ少年TURBO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中条省平: 小説家になる!―芥川賞・直木賞だって狙える12講 (ちくま文庫) | トップページ | 押切蓮介: ピコピコ少年TURBO »