« 金素雲: ネギをうえた人―朝鮮民話選 (岩波少年文庫) | トップページ | 繁延あづさ: カメラ教室 子どもとの暮らし、撮ろう »

妹尾河童: 河童が覗いたニッポン

覗いたシリーズ、今作は日本のあちこちの色んなモノを覗いてくる。
京都地下鉄、盲導犬ロボット、山あげ祭、皇居、走らないオリエント急行、CFづくり、テント劇場、刑務所。

一番心に残ったのは、北海道の集治監かな。恥ずかしながら、北海道の道路工事にこんなに罪人が労働させられていたとは全然知らなかった。
1970年代後半から1980年までの取材なので今となっては結構古い記述もあるけど、なかなか面白い本でした。(☆☆☆☆)

|

« 金素雲: ネギをうえた人―朝鮮民話選 (岩波少年文庫) | トップページ | 繁延あづさ: カメラ教室 子どもとの暮らし、撮ろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金素雲: ネギをうえた人―朝鮮民話選 (岩波少年文庫) | トップページ | 繁延あづさ: カメラ教室 子どもとの暮らし、撮ろう »