« エドモンド・ハミルトン : フェッセンデンの宇宙 (奇想コレクション) | トップページ | 妹尾河童: 河童が覗いたニッポン »

金素雲: ネギをうえた人―朝鮮民話選 (岩波少年文庫)

民話や神話が好きで結構よく読むのだが、これはなんとも毛色の変わった感じだった。
韓国の民話集って初めて読んだけど、ずいぶんと不思議な感じだねぇ。動物が主人公のものが多く、またトラに襲われる話が結構たくさんある。昔は朝鮮半島にも野生のトラがいて、結構人家を襲っていたのだろうか?

そして表題の「ネギをうえた人」。これ、あまりにぶっ飛びすぎている。

人間が、まだ、ネギをたべなかったころの話です。そのころは、よく人間が、人間をたべました。
Σ(゜д゜;)エーッ!
なんという恐ろしい民話よ……。

他のお話もなんだか読みにくく、途中で読むのやめちゃいました。ちょっといまいちだったな……。(☆☆)

|

« エドモンド・ハミルトン : フェッセンデンの宇宙 (奇想コレクション) | トップページ | 妹尾河童: 河童が覗いたニッポン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エドモンド・ハミルトン : フェッセンデンの宇宙 (奇想コレクション) | トップページ | 妹尾河童: 河童が覗いたニッポン »