« 鈴木ともこ: ふつうの会社とパンチパーマ | トップページ | 板倉聖宣: 磁石の魅力―いたずら博士の科学教室 »

サトウサンペイ: 人生いつも初体験

子どもの頃、我が家は朝日新聞を取っていたので、「フジ三太郎」を読むのがとても楽しみだった。今思うと子どもには分かりにくいネタもあったと思うのだが、どうしてあんなに面白かったのだろう?
というわけで、そのサトウサンペイ氏のエッセイ集。

タイトル通りに身の回りのことにチャレンジしてみるお話もあるが、思いつくまま昔話という章もある。「食べ物さん、ありがとう」の川島先生との出会いの思い出もあり、氏のファンとしては嬉しい限り。
サラリと読めて何かが残る、なかなか素敵な本でした。(☆☆☆☆)

|

« 鈴木ともこ: ふつうの会社とパンチパーマ | トップページ | 板倉聖宣: 磁石の魅力―いたずら博士の科学教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴木ともこ: ふつうの会社とパンチパーマ | トップページ | 板倉聖宣: 磁石の魅力―いたずら博士の科学教室 »