« サトウサンペイ: 人生いつも初体験 | トップページ | 筒井康隆: パプリカ (中公文庫) »

板倉聖宣: 磁石の魅力―いたずら博士の科学教室

これは懐かしいなぁ。小学校の図書室にあったのを当時読んで、とてもワクワクしたことを覚えている。
30過ぎたおっさんになってふとした拍子に再会し、また読んでみた。

タイトル通り、磁石についてその性質や歴史、面白い実験などを板倉先生のいつもの雰囲気で説明してくれる。方位磁石の発明と中国の「指南車」のくだりや、江戸時代の絵ものがたり「磁石頓智才兵衛」など、思わずへぇ〜と呟いてしまう興味深いエピソードが満載。第二部の天然磁石を掘りに行く話も面白い。
大人でも子どもでも、とっても楽しめる一冊。おすすめ(☆☆☆☆☆)。

|

« サトウサンペイ: 人生いつも初体験 | トップページ | 筒井康隆: パプリカ (中公文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サトウサンペイ: 人生いつも初体験 | トップページ | 筒井康隆: パプリカ (中公文庫) »