« 士郎正宗: 攻殻機動隊 (1) KCデラックス | トップページ | 伊坂幸太郎: アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫) »

士郎正宗: 攻殻機動隊 (2) KCデラックス

作者自身も描いているけど、これは攻殻機動隊の2巻というよりは、同じ世界を舞台にした別シナリオという感じ。
なので、前作の続きをそのまま期待しているとハズレかも。

内容はサイバーパンクな世界で荒巻素子が「ネット」で大暴れ……するだけと言えばそう。しかし電脳戦の描き方がさらにブラッシュアップされ、「分かってる」感が素晴らしいわー。
情報量が多すぎて、1冊読むのにとっても時間がかかる。絵はずいぶんとCGっぽくなってしまって、拒否感でるひともいるかも。私は楽しめました。

あと今回は電脳戦がほぼメインで、物理戦はかなりオマケ感が強い。つまらない人にはとってもつまらないマンガかもしれん……。(☆☆☆☆)

|

« 士郎正宗: 攻殻機動隊 (1) KCデラックス | トップページ | 伊坂幸太郎: アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 士郎正宗: 攻殻機動隊 (1) KCデラックス | トップページ | 伊坂幸太郎: アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫) »