« 小栗左多里: ダーリンは外国人 2 | トップページ | Software Design 2011年 10月号 »

村上春樹: 1Q84 BOOK 2

おおぉ……。第2巻に入って、急激に面白くなってきた。身動きできぬほどの強い読後感。
しかし、どうしても「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」と比べてしまうなぁ。この1Q84自体もとても面白い小説なのだけど、「世界の終り……」と比べてしまうと、やはりとてつもないスケールの広さと病的なまでの緻密な細やかさの両立が劣っていると感じてしまう。

ちなみに、老婦人のイメージとして、どうしても「エスプレイド」のガラ婦人が浮かんでしまう。ふかえりは、久米田康司「さよなら絶望先生」の小森霧だなぁ。
いろいろと批評はされているようだけど、とっても面白い小説であることは確かでした。BOOK 3も読まねば。(☆☆☆☆☆)

|

« 小栗左多里: ダーリンは外国人 2 | トップページ | Software Design 2011年 10月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小栗左多里: ダーリンは外国人 2 | トップページ | Software Design 2011年 10月号 »