« 堀川哲: エピソードで読む西洋哲学史 | トップページ | 新開孝: ぼくは昆虫カメラマン »

フェルナンド・ボテロ

TASCHENの、ニューベーシック・アート・シリーズの1冊。
この画家は知らなかったけど、表紙が気になったので図書館で借りてみた。女性を描く際の、異様なまでに膨れあがった足と臀部。それと比較してとても小さい顔と胸。いやはやブキミ可愛い絵だ。

ボテロはコロンビア産まれ。若くして画家として成功し、なかなか裕福な暮らしをしていたそうな。(☆☆☆☆)


|

« 堀川哲: エピソードで読む西洋哲学史 | トップページ | 新開孝: ぼくは昆虫カメラマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 堀川哲: エピソードで読む西洋哲学史 | トップページ | 新開孝: ぼくは昆虫カメラマン »