« 仲正昌樹:〈宗教化〉する現代思想 (光文社新書) | トップページ | 岡本裕一朗: 12歳からの現代思想 (ちくま新書) »

[映画] 第三の男

「午前十時の映画祭」で、TOHOシネマズみゆき座で鑑賞。あ、ヱビスビールのテーマ曲はこれが元ネタだったのか……と今さら気が付いた。
あちこちで名作と言われているこの映画、「そんなに良いのかなぁ?」と半信半疑だったけど、とても面白かった。三流小説家の主人公は最後まで「パッとしない」のだが、そこに我々人間の生き方というものを考えさせられる。やはり名作は名作であった。(☆☆☆☆)

|

« 仲正昌樹:〈宗教化〉する現代思想 (光文社新書) | トップページ | 岡本裕一朗: 12歳からの現代思想 (ちくま新書) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仲正昌樹:〈宗教化〉する現代思想 (光文社新書) | トップページ | 岡本裕一朗: 12歳からの現代思想 (ちくま新書) »