« 東海林さだお: のほほん行進曲 | トップページ | 酒井順子: 女流阿房列車 »

[映画] シベールの日曜日

午前10時の映画祭で、TOHOシネマズ六本木で見た。しかしシネコンはやはり居心地悪いし、茶化す目的で来ているようなうるさい集団がいて最悪だった……もうあの映画館には行きたくない。

ストーリーはなかなか面白かったけど、絶賛するほどではないかな。記憶喪失の青年という時点でなんだかわざとらしすぎて、しょっぱなから全く感情移入できず……もっと純粋に、戦争帰りで精神を病んだ兵隊のお話とかなら納得できるんだが。
シベール(パトリシア・ゴッジ)はとても可愛いんだけど、そんなに素直で純真な少女じゃないしな。同棲してる彼女からピエールを奪い取ろうとする辺り、なんと恐ろしい12歳だ。アンコンシャス・ヒポクリット(無意識の偽善者)どころか、立派な悪女でちょっと怖い。

まぁでも、名作なことは確か。なかなか面白かった(☆☆☆☆)

|

« 東海林さだお: のほほん行進曲 | トップページ | 酒井順子: 女流阿房列車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海林さだお: のほほん行進曲 | トップページ | 酒井順子: 女流阿房列車 »