« 阿刀田高: 新約聖書を知っていますか (新潮文庫) | トップページ | マーチン・ガードナー: 奇妙な論理—だまされやすさの研究 (現代教養文庫) »

森見登美彦: 四畳半神話大系

「夜は短し歩けよ乙女」が面白かったので、こちらは友人から借りてきた。
内容は「夜は短し」と似た感じで、登場人物なども微妙にリンクしている。ダメ ダメな大学生がダメ ダメな生活を送るさまを、素敵に描いてくださる。

第1章読み始めはちょっとつまらないなぁと思ったけど、読み進めるうちにどんどん引きこまれた。特に第4章の完成度は良い。ちなみに「図書館警察」はスティーブン・キングのあれのパロディですね。(☆☆☆☆)

|

« 阿刀田高: 新約聖書を知っていますか (新潮文庫) | トップページ | マーチン・ガードナー: 奇妙な論理—だまされやすさの研究 (現代教養文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阿刀田高: 新約聖書を知っていますか (新潮文庫) | トップページ | マーチン・ガードナー: 奇妙な論理—だまされやすさの研究 (現代教養文庫) »