« コンラート・ローレンツ: ソロモンの指環—動物行動学入門 | トップページ | 東海林さだお: のほほん行進曲 »

石井孝親: 光を生かす花の撮影術—光の使い方で花写真はこんなにきれい (日本カメラMOOK)

タイトルの通り、花を美しく撮るためのハウツー本。
この手の本はやたらと内容が薄い適当なものが粗製濫造されていて、「なんじゃこりゃ!」と思うことが多いのだが、これはなかなか面白かった。
一つ一つのテーマについてきちんと書かれており、非常に参考になる。Photoshopの使い方も必要最低限にして的確で、ここだけ切り取っておきたくなった。

著者はライターとしてはちょっと素人っぽい感じで、その練れていない文章が逆に心地よい。なかなかおすすめ。(☆☆☆☆)

|

« コンラート・ローレンツ: ソロモンの指環—動物行動学入門 | トップページ | 東海林さだお: のほほん行進曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンラート・ローレンツ: ソロモンの指環—動物行動学入門 | トップページ | 東海林さだお: のほほん行進曲 »