« ケン・リブレクト: 雪の結晶 小さな神秘の世界 | トップページ | 村上春樹: 走ることについて語るときに僕の語ること »

三田誠広: 書く前に読もう超明解文学史—W大学文芸科創作教室

文学史についての講義録……らしいのだが、文章のそこかしこに感じられる、いかにもエラソーなおっさん臭に耐えられず途中で放り出してしまった。
読んでいて不愉快になってくるのでとてもオススメできない。やっぱり筒井康隆「文学部唯野教授」は偉大な本だったなぁ、と再確認(☆)。

|

« ケン・リブレクト: 雪の結晶 小さな神秘の世界 | トップページ | 村上春樹: 走ることについて語るときに僕の語ること »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。