« タニス・リー: 悪魔の薔薇 (奇想コレクション) | トップページ | ケン・リブレクト: 雪の結晶 小さな神秘の世界 »

舞城王太郎: SPEEDBOY! (講談社BOX)

久々に舞城を読んだ。音速を超えて走り続ける成雄を巡る物語。
ランナー達が人を飲み込む謎の白い玉を巡って戦い(?)を繰り広げる。

7つの短編が微妙に繋がりつつ繋がっていない、連作集という感じ。色々な不思議感が最後にキレイにまとめられるのかと思いきや、全力ですべて放置してラストを迎える辺りが微妙だなぁ。随所に面白い箇所はあったものの、セカイ系自己内面描写に終始するという行き詰まったアニメ最終話を見ているようでちょっといまいちだったかな。(☆☆☆)

|

« タニス・リー: 悪魔の薔薇 (奇想コレクション) | トップページ | ケン・リブレクト: 雪の結晶 小さな神秘の世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タニス・リー: 悪魔の薔薇 (奇想コレクション) | トップページ | ケン・リブレクト: 雪の結晶 小さな神秘の世界 »