« アオハル (ヤングジャンプ増刊) | トップページ | 佐々木俊尚: 仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書) »

椎名誠: 新宿遊牧民

「哀愁の街に霧が降るのだ」や「銀座のカラス」の系譜の、椎名誠の自伝的小説。会社員をやめた辺りから現在まで、出会った人々を中心にかなり詳しく書かれていてシーナファンにはたまらない。
しかし内ネタ的なものも多く、今まで椎名誠のエッセイ類を読んできた人はとても楽しめるけど、これが初めての一冊という人にはちょっとつらそうだね……。(☆☆☆☆)

|

« アオハル (ヤングジャンプ増刊) | トップページ | 佐々木俊尚: 仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオハル (ヤングジャンプ増刊) | トップページ | 佐々木俊尚: 仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書) »