« 長沼伸一郎: 物理数学の直観的方法 | トップページ | 大田垣晴子: 女のシゴト道 »

アネッテ・ロビンソン: 絵画の見方・ルーヴル美術館

ルーヴル美術館所蔵の品について時代ごとに取り上げ、その鑑賞のポイントを語ってくださる。
美術史やってる人向けっぽいけど、文章は平易で量も多く無いので、一般人でも普通に面白く読めた。もうちょっとボリュームあっても良かったかな。(☆☆☆)

|

« 長沼伸一郎: 物理数学の直観的方法 | トップページ | 大田垣晴子: 女のシゴト道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長沼伸一郎: 物理数学の直観的方法 | トップページ | 大田垣晴子: 女のシゴト道 »