« 野田知佑: しあわせな日々―カヌー犬・ガク写真集 | トップページ | 赤瀬川原平: 円盤伝説―あの世まであと一歩 »

伊坂幸太郎: ラッシュライフ (新潮文庫)

並行して展開していくストーリーが謎を生み、それらが最後にピタリと合わさって一つの物語を紡ぐ……という、まさに正当で教科書的な群像劇。
そのテクニックは確かな腕を感じさせるのだが、肝心の物語はどうも中途半端で、「それで?」という不満が残っただけとなってしまった。骨のあるミステリ部分は死体がバラバラになってくっついた、ただそれだけだしね。

つまらなくはないけど、傑作というにはほど遠いかな。(☆☆☆)

|

« 野田知佑: しあわせな日々―カヌー犬・ガク写真集 | トップページ | 赤瀬川原平: 円盤伝説―あの世まであと一歩 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。