« 早川義夫: ぼくは本屋のおやじさん (就職しないで生きるには 1) | トップページ | 村上龍: 悲しき熱帯 »

三島瑞穂: 地上最強のアメリカ陸軍特殊部隊

日本人としてグリーンベレー所属した著者の、ベトナム戦争を中心とした思い出話という感じ。

一つ一つのエピソードが細切れかつ中途半端なのでちょっと物足りなさが大きいけど、実戦経験がリアルに語られるのはやはり生々しい。
最近の戦闘の話はあまり出てこないので、知識本的な期待をするとハズレかも。まぁ、なかなか面白かった。(☆☆☆)

|

« 早川義夫: ぼくは本屋のおやじさん (就職しないで生きるには 1) | トップページ | 村上龍: 悲しき熱帯 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。