« 伊坂幸太郎: ラッシュライフ (新潮文庫) | トップページ | 林雄司: おとなの自由研究 »

赤瀬川原平: 円盤伝説―あの世まであと一歩

「ガロ」連載の、UFOにまつわる語り部的マンガ作品をまとめたもの……。いやしかし、これを「マンガ」と言っていいのだろうか?

空飛ぶ円盤にまつわる連作短編なのだが、そのどれもが実に不思議な一品。この一冊で、私の中での氏への評価が一気に上がってしまった。面白い、というか不思議、というか……ともかく読み応えがある。なんだかこの不思議な雰囲気を写真に撮りたくなってしまった。
サイコロの入った裸電球、道路中央の郵便ポスト、鎖で繋がれたカレーライスの皿、電球型の三日月…… (☆☆☆☆☆)

|

« 伊坂幸太郎: ラッシュライフ (新潮文庫) | トップページ | 林雄司: おとなの自由研究 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。