« 28歳からのリアル | トップページ | 安友志乃: 写真のはじまり物語―ダゲレオ・アンブロ・ティンタイプ »

クレマン・シェルー: アンリ・カルティエ=ブレッソン -- 20世紀最大の写真家

コンパクトな本だけれども掲載写真は多く、なかなか面白かった。氏の数少ないカラー写真も何点かあり。
しかし地の文章と写真への説明文が入り組んでいて非常に読みにくい。このレイアウトはもう少しなんとかならなかったのだろうか。(☆☆☆☆)

|

« 28歳からのリアル | トップページ | 安友志乃: 写真のはじまり物語―ダゲレオ・アンブロ・ティンタイプ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。