« 野田知佑: ともに彷徨いてあり―カヌー犬・ガクの生涯 | トップページ | 野田知佑: 日本の川を旅する ― カヌー単独行 »

紅玉いづき: ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

第13回電撃小説大賞「大賞」受賞作。
この作品はライトノベルらしくないないと言われていたので読んでみたけど、雰囲気が実に懐かしいというか、もはや死語の「ジュブナイル小説」っぽいなぁというのが総評か。
内容としては、魔王に気に入られた少女とか、聖剣を持つ騎士とか、記憶喪失から解放ウギャアアァァァとか、いかにもそれっぽい。しかしそのミニマムな設定の中で、随分と読ませてくれるものを描いているなぁ、という好意的感想。

しかしながら、歳を取ってひねくれたおっさんとなってしまった今の私では、あんまり楽しめませんでした。中学生の頃だったら、どハマリしていたかも(☆☆☆)

|

« 野田知佑: ともに彷徨いてあり―カヌー犬・ガクの生涯 | トップページ | 野田知佑: 日本の川を旅する ― カヌー単独行 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。