« ヘイエルダール: コン・ティキ号探検記 (筑摩叢書 144) | トップページ | 堂場瞬一: 8年 »

椎名誠: シベリア追跡

「ロシアにおけるニタリノフの便座について」は中学生の時に読んだのだが、こちらは未読だった。
もう既読だと思ってずっと放っておいてしまったよ。いやはや

内容は、「おろしや国酔夢譚」「北槎聞略」の二資料を手がかりに大黒屋光太夫の行程を追うドキュメンタリー記。まだ共産色全盛の頃のソ連紀行はそれだけでも非常に興味深いが、さらに椎名氏の鋭くユーモア溢れる視線が面白さに磨きをかける。
非常に面白い本だった、ナマヌルイ日本では想像も付かないストロングなドキュメンタリー。(☆☆☆☆☆)

|

« ヘイエルダール: コン・ティキ号探検記 (筑摩叢書 144) | トップページ | 堂場瞬一: 8年 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。