« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

柳沢小実: カメラの楽しみ―写真がもっと好きになる道しるべ

あんまり専門的な本じゃなくて、女子向けカワイイ写真集という感じ。
様々な分野のカメラマン紹介もあるけど、素直にインタビュー的な方が読みやすいんじゃなかろうか

あと巻末のカメラ紹介にあまりに誤字が多くてワラタ。ここだけ編集部執筆のようなんだが、これはひどい。(☆☆☆)

| | コメント (0)

○と× 比べてわかるデジタル写真 (NCフォトシリーズ 11)

タイトル通り、良い作例と悪い作例を並べて解説してくださる。可もなく不可もなく、という感じ。
イルミネーションの前ボケの入れ方が参考になった。(☆☆☆)

| | コメント (0)

赤瀬川原平: 新 正体不明

氏らしく、町歩きで見つけたおかしなものを載せた写真集。街の緑に拘りが感じられる。
蔓を伸ばした「テクニシャン」とか面白いのが数点あったものの、全体にパワー不足かなぁ。ちょっとイマイチだった(☆☆☆)

| | コメント (0)

ゆうきまさみ: 究極超人あ〜る

小学館文庫版の、全5巻を入手した。

昔にざっくり読んだことはあったものの、最近ちょうどカメラに興味を持ってきているのでとても楽しく読めた。やっぱりこれは面白いなあ。トライXで万全!(☆☆☆☆☆)

| | コメント (0)

アサヒカメラ 2009年 11月号

椎名誠の「シーナの写真日記」連載200回インタビューが載っていたので、図書館で借りてきた。

コンタックスT2をメインで使っていた、というのを読んで欲しくなってしまった。ミーハーだ。
アサヒカメラの戦後復刊号特集もあって面白し。(☆☆☆☆)

| | コメント (0)

海堂尊: 医学のたまご

知人に勧められて読んだのだけど、序盤からのわざとらしさと媚びが感じられる文章についていけずgive up。
村上龍「希望の国のエクソダス」もそうだったけど、こういう「おっさんが考える、おっさんが好む子ども」みたいな小説は気持ち悪くて読めないわ。

ちなみに私は物理系の院生だったのですが、研究室の話も妙なわざとらしさばかりが目についてしまって楽しめませんでした。残念。(☆)

| | コメント (0)

椎名誠: 南洋犬座 - 100絵100話

椎名誠の、週間金曜日の表紙写真をまとめたもの。題名の「犬座(いぬずわり)」は、熱帯地方で犬がお腹をべたっとつけて座ることを言うシーナ造語らしい。
さらりと読めて素敵な写真集です、文庫版もあるのでオススメ。(☆☆☆☆)

| | コメント (0)

農文協: 江戸時代にみる日本型環境保全の源流

農業・林業・市民生活など様々な視点から、江戸時代の環境保存活動について語ってくださる。

多くの研究者のコラム集な感じの本なので、正直なにが言いたいのかよく分からんつまらないのもあった。またいささか専門的な内容も多く、ちょっと手こずったかな。(☆☆☆)

| | コメント (0)

丹野清志: 図解雑学 銀塩写真 (図解雑学シリーズ)

銀塩写真(フィルム)についての本。
基本的には、「デジタルカメラについてはある程度の知識があるけど、フィルムカメラはよく分からない」という人向けかな。私はちょうどそのタイプだったので、なかなか面白かった。

前半はフィルムカメラやその現像方法、引き伸ばし機などの説明。そして後半はカメラと写真の歴史を語って下さる。参考文献などもきちんと紹介されており、役に立つ一冊。(☆☆☆☆)

| | コメント (0)

堂場瞬一: 8年

小説すばる新人賞受賞作。アメリカで旗揚げした日系IT企業の大リーグチーム、フリーバーズを巡る物語。
30歳過ぎの大リーグ投手・藤原、おちゃらけデブ強打者・常磐など一癖もある二癖もある選手達。監督は車いすの河合、オーナーはわがまま三昧の西山。どの人物も個性的で面白く、文章描写もいちいち情景が浮かんできて素晴らしい。

ストーリーは選手と経営陣を行き来しつつ進むわけだが、個性の強い選手陣(と監督)が非常に面白い。ってか、こういう「七人の侍」的なお話はなんでも面白いな。
これ1冊で終わりなのが勿体なかった、もっと長い小説にするか連作で読んでみたいところ。(☆☆☆☆☆)

| | コメント (0)

椎名誠: シベリア追跡

「ロシアにおけるニタリノフの便座について」は中学生の時に読んだのだが、こちらは未読だった。
もう既読だと思ってずっと放っておいてしまったよ。いやはや

内容は、「おろしや国酔夢譚」「北槎聞略」の二資料を手がかりに大黒屋光太夫の行程を追うドキュメンタリー記。まだ共産色全盛の頃のソ連紀行はそれだけでも非常に興味深いが、さらに椎名氏の鋭くユーモア溢れる視線が面白さに磨きをかける。
非常に面白い本だった、ナマヌルイ日本では想像も付かないストロングなドキュメンタリー。(☆☆☆☆☆)

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »