« 椎名誠: シベリア追跡 | トップページ | 丹野清志: 図解雑学 銀塩写真 (図解雑学シリーズ) »

堂場瞬一: 8年

小説すばる新人賞受賞作。アメリカで旗揚げした日系IT企業の大リーグチーム、フリーバーズを巡る物語。
30歳過ぎの大リーグ投手・藤原、おちゃらけデブ強打者・常磐など一癖もある二癖もある選手達。監督は車いすの河合、オーナーはわがまま三昧の西山。どの人物も個性的で面白く、文章描写もいちいち情景が浮かんできて素晴らしい。

ストーリーは選手と経営陣を行き来しつつ進むわけだが、個性の強い選手陣(と監督)が非常に面白い。ってか、こういう「七人の侍」的なお話はなんでも面白いな。
これ1冊で終わりなのが勿体なかった、もっと長い小説にするか連作で読んでみたいところ。(☆☆☆☆☆)

|

« 椎名誠: シベリア追跡 | トップページ | 丹野清志: 図解雑学 銀塩写真 (図解雑学シリーズ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。