« 富野由悠季: 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ | トップページ | 沢野ひとし: 黄色い信号機 (角川文庫) »

開高健: パニック・裸の王様

120年に一度実を結ぶササの実による、ネズミ大発生の様子を描いた「パニック」、お菓子メーカの壮絶な競争「巨人と玩具」、絵画教室で大人たちに押しつぶされそうになる一人の子どもを見守る「裸の王様」、そして秦の始皇帝による過酷な統治を描いた「流亡記」の4つが収録。

開高健ははじめて読んだのだけど、「裸の王様」の主人公の子どもへの熱い思いには感動。そして次に読んだ「流亡記」の圧倒的なまでの破壊力にすっかり参ってしまった。
いっぺんにファンになってしまった、他の作品も読もう。(☆☆☆☆☆)

|

« 富野由悠季: 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ | トップページ | 沢野ひとし: 黄色い信号機 (角川文庫) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。