« 沢野ひとし: 黄色い信号機 (角川文庫) | トップページ | 野口廣: トポロジーの世界 (ちくま学芸文庫) »

G.K.フランシス: トポロジーの絵本 新装版 (シュプリンガー数学リーディングス)

興味があったので借りてきた。

絵本というからにはパラリパラリと簡単な読み物を想像していたのだが、中身は数学者が綺麗にトポロジー的な図を描くには……という感じなので難易度はかなりハイレベル。
さすがはシュプリンガーの本だ。私にはちと無理でした。(☆☆)

|

« 沢野ひとし: 黄色い信号機 (角川文庫) | トップページ | 野口廣: トポロジーの世界 (ちくま学芸文庫) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。