« 杉山由美子: 「教育」で働く | トップページ | C.V.Boys: しゃぼん玉の科学 »

田口仙年堂: 吉永さん家のガーゴイル (ファミ通文庫)

一部で評判だったので読んでみた。
冒頭のあんまりにベタベタなライトノベル的文章には辟易してしまったが、中盤以降は急速に良くなってきた。他作品と逆だ。

まぁフツーに面白かったけど、しかし、これ以上続きが読みたいとは思わんかな。(☆☆☆)

|

« 杉山由美子: 「教育」で働く | トップページ | C.V.Boys: しゃぼん玉の科学 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。