« 杉健志郎: 水平線を超えろ ― 史上初 沖縄宮崎シーカヤック単独航海 | トップページ | 林望: イギリスはおいしい »

こうの史代: 夕凪の街 桜の国 (双葉文庫)

この作者さんは以前にクレヨンしんちゃん特集号に載ってた「ぴっぴら帳」を読んでいたので、あの独特の画風がちょっと気になっていた。
図書館で見つけたので借りてきて読んだのだが、ヒロシマを舞台としたこの作品にはすっかり大感動。死者の上に成り立っている現在の社会を、何も考えずにぼーっと生きていることが恥ずかしくなってしまった。日本国民は全員、今すぐ読むべき。(☆☆☆☆☆)

|

« 杉健志郎: 水平線を超えろ ― 史上初 沖縄宮崎シーカヤック単独航海 | トップページ | 林望: イギリスはおいしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杉健志郎: 水平線を超えろ ― 史上初 沖縄宮崎シーカヤック単独航海 | トップページ | 林望: イギリスはおいしい »