« 鶴田謙二, 梶尾 真治: おもいでエマノン | トップページ | 喜多ふあり: けちゃっぷ »

荻原浩: あの日にドライブ (光文社文庫)

大手銀行を辞めた43歳の主人公が、タクシー運転手としてくすぶりながら過去の思い出を追って行く「おじさん青春小説」。

いやー、やっぱり荻原浩は面白いっぺよー(何弁)。この人は本当にスゴい、とにかく文章上手いなぁと感心することしきり。止まらずにあっという間に読んでしまった、日々の仕事に疲れちゃった人に超絶にオススメ。
逆に言うとこの本を楽しめなかった人は、今の生活に満足しているということだろう。自らの幸福を噛みしめましょう(☆☆☆☆☆)

|

« 鶴田謙二, 梶尾 真治: おもいでエマノン | トップページ | 喜多ふあり: けちゃっぷ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。