« よしたに: ぼく、オタリーマン。4 | トップページ | 島本和彦: 炎の筆魂(1) (2) »

美宅成樹: 分子生物学入門 (岩波新書)

大学教養部レベルの教科書を、少し易しめに書き直したという感じ。
全体の概要を掴むにはいいけど、ちょっとはしょりすぎかなと思う点も多かった。(☆☆☆)

|

« よしたに: ぼく、オタリーマン。4 | トップページ | 島本和彦: 炎の筆魂(1) (2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。