« 池田博明: クモの巣と網の不思議 多様な網とクモの面白い生活 | トップページ | よしたに: ぼく、オタリーマン。4 »

ベルンハルト・シュリンク: 朗読者

過去にナチスで看守を務めていたハンナと、法学生となって彼女に再開する「ぼく」の物語。
オデュッセイアのことを語るのを読んで、ヘッセ「車輪の下」を思い出した。向こう(ドイツ)では一般常識なのだろうな。(☆☆☆)

|

« 池田博明: クモの巣と網の不思議 多様な網とクモの面白い生活 | トップページ | よしたに: ぼく、オタリーマン。4 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。