« 東海林さだお: どぜうの丸かじり | トップページ | 金子隆一: 謎と不思議の生物史 »

舞城王太郎: 煙か土か食い物

舞城王太郎のデビュー作。しかし今ごろ読んだ、修行が足りんな。

ジャンルとしてはミステリなのかもしれんが、しかしミステリというカテゴリ分類自体をまるごと作品に取り込んで面白さとして昇華させたという感じ。まぁつまり、ムチャクチャ面白かったので未読の人は今すぐ読もう。
いやしかし、「この作者は一体何者だ?」と確かに思ってしまうねこりゃ。(☆☆☆☆☆)

|

« 東海林さだお: どぜうの丸かじり | トップページ | 金子隆一: 謎と不思議の生物史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海林さだお: どぜうの丸かじり | トップページ | 金子隆一: 謎と不思議の生物史 »