« 池田理代子: ベルサイユのばら | トップページ | ますむらひろし: 夢降るラビット・タウン »

米澤穂信: 夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

前作の「春季限定いちごタルト事件」がちょっと気になっていたので、続編も読んでみた。
前作より色々とパワーアップしていて、素直に楽しめる。本格ミステリにはならない、かと言ってありきたりなミステリめかした学園小説にもならない、いい感じのバランス配分。

この著者は将来スゴい作家になるだろうと予想される一冊。ただ、まだ物足りない部分も散見されたので星3つで。(☆☆☆)

|

« 池田理代子: ベルサイユのばら | トップページ | ますむらひろし: 夢降るラビット・タウン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。